« 長男との会話:おのろけと反省… | トップページ | 長男5歳の誕生日 »

明日、ママがいない というドラマ

先週、リアルタイムで話題のドラマを見ました。

その後ネット上で様々な反応を見て…

一、視聴者としての感想は
(放映されている時間帯を考えても)
子供が表現する大人の世界を批判したものかと思いました。

子役という存在を使った、大人のお話だと。


大人に捨てられた子供が主人公だけど

なぜその大人はそうなったのか、というところを感じます

大人の身勝手さとか
無責任さとか
どうしようもなかった事情を
子供がひどい目に合うことで表現していると思いました。

もちろん、現実ではなく、作り物、として。

捨てられた子供達はミュージカルのアニーの弧児院の仲間を、主役の子の髪の毛のゴムの飾りはじゃりん子チエを(チエちゃんは捨てられてはいないけどたくましい子供の代表格かと。)思い浮かべながら見ました。

明日もリアルタイムで見られるかわかりませんが、楽しみにしています。

うーん

お芝居したいなあ…






|
|

« 長男との会話:おのろけと反省… | トップページ | 長男5歳の誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184609/54697820

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、ママがいない というドラマ:

« 長男との会話:おのろけと反省… | トップページ | 長男5歳の誕生日 »