« 若(ネコ、6歳♀)が肝リピドーシスの疑いと診断されました。 | トップページ | 若(ネコ6歳♀)闘病三日目 »

若(ネコ6歳)闘病二日目

1416295123091.jpg

病院に着いた時は脱水症状があり、血液検査に必要な血の量が取りにくい状態でした。
肝リピドーシスの疑いと診断され、即入院と言われましたが

その後更に詳しく検査をしてもらい、先生から電話で説明していただきました。

・自分できちんと食べて肝臓が元のようになるには一ヶ月以上かかるとのこと。
・食べられないうちは鼻から管を通して流動食をお腹に届けるが、症状が深刻な場合は4、5日で死ぬ場合があるので覚悟して下さいとのこと。

そう聞かされてショックを受け、急いで家族皆で若の様子を見に行きました。

1416295126161.jpg
この姿で入院するとのこと。
鼻に管を通され、カラーをつけて目を見開いている若を見ると涙が止まらなくなり
何度も若にすぐに気づいてあげられなくてごめんねと言いました。
4、5日で死ぬかもしれないなんて、まったく心の準備が出来ません。
入院中に、離れてる間に何か起こっても保証はない、という同意書も書きましたが、できるだけ傍にいたいと先生に話しました。

すると夜だけ家に帰ってもいいと許可してくださったので、毎朝通院するという条件で退院させてもらいました。

家に帰るとほっとしたのかケージの中で暴れて、カラーをしていても自分で無理やり鼻の管を抜いてしまい、(先生からは抜いたらそのまま来てくださいとのことでした)カラーも外してお気に入りの布団で丸まって寝ました。

お知り合いになった、ペットアロマの先生に相談すると、まずは内臓の機能を整えるツボを教えてもらい、寝ている間ずっとそのツボを手のひらで温めました。

夜中3時頃、若が自分で布団から出て、トイレが置いてある部屋は少し離れてましたが一人で歩いて自分でトイレをしました。点滴をしているので、水分はたくさん身体に入っていたのです。
腎臓は大丈夫のようです。

その後また布団で朝まで寝て、おとなしく病院に行きました。
始めの写真は、鼻の管が取れた状態の朝の若です。

|
|

« 若(ネコ、6歳♀)が肝リピドーシスの疑いと診断されました。 | トップページ | 若(ネコ6歳♀)闘病三日目 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184609/58024654

この記事へのトラックバック一覧です: 若(ネコ6歳)闘病二日目:

« 若(ネコ、6歳♀)が肝リピドーシスの疑いと診断されました。 | トップページ | 若(ネコ6歳♀)闘病三日目 »