ペット

若(ネコ6歳♀)闘病は終わりました。

1417308034740.jpg
2014年11月26日(水)15時頃から体調が急変し
16時38分に永眠しました。

応援くださった皆さま
このブログで若の存在を知ってくださった皆さま
本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病十日目

1416962265113.jpg
昨日の血液検査結果。

肝臓の方は落ち着いてきているけど、今回は別の問題がでてきました。

前回(三日前)の検査から、血中の赤血球、蛋白、アルブミンが下がってきている…
お腹の中で出血や水がたまっているかもしれない、との診断でした。

肝臓系は始めに検査したときは桁が違うぐらい数値が上がっていましたが
十日間で少しずつ下がってきていて、
今回は問題なかったようです。

消化器系の新たな問題が出てきて、
アロマでは止血作用のある精油を足してみました。

今日はエコーでお腹の中を見るそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病九日目

1416873146818.jpg
昨夜から、自宅での流動食が始まりました。

途中でおえっとならないように気をつけて…coldsweats01

急に痩せたとはいえ、まだ余分な体脂肪があり内臓で分解できていない状態。
ゆっくり健康な身体を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病八日目

1416814878201.jpg
動物病院近くの銀杏…

昨夜は余り動き回らず、トイレだけ自分で行って
あとはほとんど安静に眠っていました。

1416814880387.jpg

病院で流動食のあげかたを教えてもらい、
体調が良くなってきたら自宅で私がするのかなあと緊張しました。

通院八日目、もうすぐお迎えに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病七日目

1416705939429.jpg
通院七日目、一週間経ちました。
日曜日は本当はかかりつけの動物病院がお休みなのに、通院させてもらえました。

はじめにあと四、五日で死ぬかも、と言われていた山場を乗り越え、流動食のあとに吐くこともあったそうですが
血液検査では少しずつ数値が改善してきました。

そこで、ペットにも使えるメディカルアロマ治療も併用してみようと思い、先生に相談、確認して
昨夜から使用しはじめました。

治療が始まってから、病院での治療以外に何かすることは勇気がなく、主人にも他のことをしなくてもいいんじゃないか、とも言われましたが
病院の先生に使っても大丈夫と承諾を得た上で、
メディカルアロマの先生に若の症状に合わせた精油をお聞きしました。

肝臓と腎臓の排液の調整や、自律神経、中枢神経調整の作用がある成分が入った精油を選んでくださり、
ジェルを作り、早速家に戻る車の中で若の耳の内側に塗りました。

塗って5分後、変化を感じるのかにおいが気になるのか鳴き始めました。
精油の成分が血液に入って全身に行き渡る20分後、落ち着いてきました。

家に戻るとトイレに行き、治療を始めてから初めての大きい方が出ました。(小さい方は点滴で水分がたっぷり身体に入っていたので、毎晩良く出ていました。)

若が治るなら神様でも仏さまでも霊でもご先祖さまでも何でも助けてほしい気持ちで、メディカルアロマを試してみました。

子供のアトピー性皮膚炎なら塗って効果がわかりやすいので気楽に塗れましたが、
身体の小さいネコの、内臓の病気に使ってみるのは勇気がいりますが、こまめに検査をしてもらいながら様子を見てみようと思います。

早速アロマの効果が出ているのか、落ち着いて眠れていました。
朝、病院に行くとすぐに吐き止めの注射をされました。

先生に使用した精油の成分と作用をお伝えし、お預けして、夜にお迎えに行きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病六日目

1416614349591.jpg
五日目の夜は四日目の夜より元気がないように感じました。

お迎えに行くと、流動食の量を増やしたら少し吐いたとのこと…

家でも少し移動してはうずくまってしばらく動かない、というのを一晩中繰り返していました。
ストーブの前、トイレの近く、お気に入りの椅子の上…
私の上に乗ってきたり、パパ(主人)にくっついたり…

表情を見ていると、眠たくて仕方が無いように見えます。でも、眠れない、という感じ。

すぐに良くなる病気ではないので、根気よく看病していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病五日目

1416527021594.jpg
まだまだ油断できない五日目です。

昨日は血液検査で数値的には改善されているとのことでした。

家に戻ると少し歩き回るようになり、足取りもしっかりしてきました。

でも止まるとしばらく動かなくなるので、しんどいんだろうなあ…

五日目の今日を乗り越えれば、一ヶ月かけて完治を目指します。

容態の急変だけが心配ですが、若の目の光の強さが増しているので信じて治療を続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病4日目

1416440818512.jpg
綺麗なモノ好きの若。4歳の頃。
プリザーブドフラワーと羽に夢中…

肝リピドーシスの診断から4日目の通院です。昨日は鼻からの流動食は吐いていないとのこと。

この病気は獣医さんにとっても難しい病気らしく、治療を始めて4、5日で急に容態が悪化し死ぬこともある、とのことです…

離れている時に何かあったら辛いので、許されるなら入院中もずっと付き添っていたいと相談しました。(人間の子供の場合は当たり前ですが24時間付き添いが必要ですが、ペットではまだまだ任意です)

その獣医では夜は誰も居なくなるし、夜中に治療することはないので
入院ではなく夜だけ家に戻った方が精神的にも良いだろう、と許可してくださいました。

通院の移動が身体の負担になるのでは、とも考えましたが、先生は大丈夫でしょうとのこと。

若は今夜も家に戻りいつものお気に入りの布団で丸まっています。

元々少し神経質な性格が災いしたのかもしれません。ご飯が少し変わると食べない、トイレが変わるとしなくなる、トイレの砂に肉球が付かないようにトイレの縁に足を置いて用をする…
少し潔癖なところのある子です。

若ときょうだいの殿♂はちょっとぐらい変化があってもしっかり食べるしトイレもするし…
ネコでも体調には個々の性格が影響するようです。
でも一番の原因は飼い主である私の不行き届きです。

いよいよ治療の山場、この4日目5日目を乗り越えて、一ヶ月かけて完全治癒する可能性を信じます!

きょうだいの中で一番声が大きくてはじめはオス♂と間違えた程の若だから、大丈夫!絶対、復活、できる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳♀)闘病三日目

1416355264399.jpg
元気な頃…

昨日は更に太い管を鼻から通し、カラーも取れないように補強されました。

1416355266814.jpg

流動食は吐かなかったそうです。

一日目よりも良くなってるかもと思いながら家に戻り、管もカラーもつけたままいつもの布団で寝ました。

寝苦しいのかなかなか目を閉じず
夜中に二度トイレに行こうとしましたが
カラーが当たって通れないとまた布団に戻っていました。

朝になって、またトイレに向かうので抱っこして連れていき、載せてみるとおしっこの体勢になりました。

終わって外に出ようとすると、後ろ足に力が入らないのかその場でへたってしまい、まるで電池が切れるようにぐったりしました。

まだまだよだれも出ていて、
安心できない三日目の通院です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若(ネコ6歳)闘病二日目

1416295123091.jpg

病院に着いた時は脱水症状があり、血液検査に必要な血の量が取りにくい状態でした。
肝リピドーシスの疑いと診断され、即入院と言われましたが

その後更に詳しく検査をしてもらい、先生から電話で説明していただきました。

・自分できちんと食べて肝臓が元のようになるには一ヶ月以上かかるとのこと。
・食べられないうちは鼻から管を通して流動食をお腹に届けるが、症状が深刻な場合は4、5日で死ぬ場合があるので覚悟して下さいとのこと。

そう聞かされてショックを受け、急いで家族皆で若の様子を見に行きました。

1416295126161.jpg
この姿で入院するとのこと。
鼻に管を通され、カラーをつけて目を見開いている若を見ると涙が止まらなくなり
何度も若にすぐに気づいてあげられなくてごめんねと言いました。
4、5日で死ぬかもしれないなんて、まったく心の準備が出来ません。
入院中に、離れてる間に何か起こっても保証はない、という同意書も書きましたが、できるだけ傍にいたいと先生に話しました。

すると夜だけ家に帰ってもいいと許可してくださったので、毎朝通院するという条件で退院させてもらいました。

家に帰るとほっとしたのかケージの中で暴れて、カラーをしていても自分で無理やり鼻の管を抜いてしまい、(先生からは抜いたらそのまま来てくださいとのことでした)カラーも外してお気に入りの布団で丸まって寝ました。

お知り合いになった、ペットアロマの先生に相談すると、まずは内臓の機能を整えるツボを教えてもらい、寝ている間ずっとそのツボを手のひらで温めました。

夜中3時頃、若が自分で布団から出て、トイレが置いてある部屋は少し離れてましたが一人で歩いて自分でトイレをしました。点滴をしているので、水分はたくさん身体に入っていたのです。
腎臓は大丈夫のようです。

その後また布団で朝まで寝て、おとなしく病院に行きました。
始めの写真は、鼻の管が取れた状態の朝の若です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|